第二種電気工事士の実技で落ちたらどうする?不合格の原因と今後の対策

こちらはプロモーションを含みます。

第二種電気工事士の実技で落ちたらどうする?不合格の原因と今後の対策

実技試験に落ちたらどうするの?落ちた場合の原因と対策があれば知りたいなぁ

こんなお悩みを解説します。

この記事のテーマとして
  • 実技試験に落ちた場合、原因と今後の対策について解説

こちらの記事では、第二種電気工事士の実技試験に落ちた場合、主な原因と対策について解説します。

  • 実技試験に落ちた原因が知りたい
  • 実技試験に落ちた場合、今後の対策について知りたい

こんなお悩みに最適な記事です。

実技試験に落ちた場合とか考えたくないな…

そうだね!でもこれから実技受ける人、1度落ちた人も落ちるパターンは似てるから、しっかりと学んでおこうね!

これから受験する方や、実際に実技試験に落ちてしまい、今後再試験受ける方はぜひ参考にしてみてください。

第二種電気工事士 実技試験で落ちた傾向と対策

第二種電気工事士 実技試験で落ちた傾向と対策

第二種電気工事士の実技試験では、電気工事に関わる基本的な知識・技術を評価するための課題が出題されます。

実技試験の合格基準

✔︎「欠陥なく作品を完成させること」です

実技試験の合格基準は減点方式ではないので、実技受験して落ちた原因として、施工した作品に欠陥があると判断されたので、不合格となったと思われます。

その他、落ちた理由・要因はいくつかあるので、今後の再試験に向けてしっかりと確認・対策していきましょう。

実技試験で落ちた理由と要因

実技試験で落ちた理由と要因
  • 練習が不足している
  • 時間配分をミスした
  • 欠陥があった

練習が不足している

実技試験の練習が不足していた場合、不合格となる要因の一つといえます。

練習不足だと、工具を扱う施工に慣れていない状態や、施工手順など定まらない状態での受験となるので、結果試験に落ちる結果となります。

時間配分をミスした

実技試験は、40分間と限られた時間内に作品完成させる必要があるので、時間配分をミスると結果未完成となり不合格となります。

40分間で作品を完成させるには、練習時に各ポイント毎に、時間配分を考慮してから本番環境に挑まないと試験に落ちてしまいがちです。

欠陥があった

作品に欠陥があった場合は、不合格となります。

技能試験は「作品を欠陥なく完成させること」が合格基準なので、学科試験の減点方式とは異なるので注意が必要です。

>>>電気工事士技能試験(第一種・第二種)欠陥の判断基準

実技試験で落ちた場合の今後の対策方法

実技試験で落ちた場合の今後の対策方法
  • 公表問題の複線図を理解する
  • ひたすら公表問題の施工練習をする
  • 欠陥チェックを徹底する
  • 【サポート付き】の技能試験セットを購入する
  • 自身がないなら技能試験講座や講習の活用もアリ

公表問題の複線図を理解する

公表問題の複線図を理解する

技能試験において、複線図を理解することは必須です。特に、公表問題の複線図は全て把握できるよう練習しておきましょう。

以下の記事では「複線図を書かない」で施工する手順をまとめてあります。併せてご覧ください。

>>>第二種電気工事士 技能試験 全公表問題まとめ【令和6年度対応】図面のみ繋ぎ方

ひたすら公表問題の施工練習をする

ひたすら公表問題の施工練習をする

技能試験に合格するには、公表問題をひたすら練習する必要があります。反復練習することで試験問題に慣れること重要なポイントです。

公表問題全13課題を、最低2回分は施工の練習を行いましょう。練習中には、各工程毎に施工時間のチェックも怠らないようにします。

試験問題に慣れることで、時間内に作品を完成できる可能性が大幅にアップするでしょう。

欠陥チェックを徹底する

欠陥チェックを徹底する

作品を完成させた後は、欠陥がないか必ずチェックを行います。

独学など個人学習の場合フィードバックがない環境では欠陥の判断は困難です。なので、欠陥基準のポイントをしっかりと把握しておく必要があります。

>>>電気工事士技能試験(第一種・第二種)欠陥の判断基準

【サポート付き】の実技試験 練習キットを購入する

技能試験練習材料レンタルセット 準備万端セット

第二種電気工事士の実技試験の練習キットの中には、サポートサービスの特典が付いている商品があります。

準備万端シリーズは、電気工事士2種 実技の材料練習キットのレンタル品で、数ある練習キットの中では、唯一サポート特典のサービス付きです。

わからないことは問題解決!サポートサービス付
わからないことは問題解決!サポートサービス付|付属特典

出典:ジェイメディアネット

サポートサービスとは、技能試験の練習中にわからないことが聞けるサービスで、専用サイトより写真を添付して不明な点を質問できます。

周りにフィードバック環境がない場合、心強いサポートサービスといえます。こちらのサポートサービスは、回数制限なしで何度でも利用可能です。なので、このサービスをフル活用しましょう。

今のところサポートが付いてる練習キットなんて、準備万端シリーズだけだよ!

練習キットを買うだけよりお得みたいね!

第二種電気工事士 技能試験 練習材料セット

商品画像
練習回数1回分2回分3回分
セット内容・全13回分電線セット(1回練習分)
・全13回分器具セット
全13回分電線セット(2回練習分)
全13回分器具セット
全13回分電線セット(3回練習分)
全13回分器具セット
レンタル料金8,800(税込)13,500(税込)18,200(税込)
特典6大特典付6大特典付6大特典付
配送・返送料無料無料無料
公式リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る

レンタルセットって安いんだね!

レンタル練習キットは、通常購入より半値以下の価格サポート付だから、2回目受験の方にもおすすめだよ!

準備万端シリーズの詳細は、以下の記事で詳しく解説してます。併せてご覧ください。

第二種電気工事士 実技の練習材料セットってレンタルあるの知ってる?【処分まで無料対応】

技能試験練習材料レンタルセット 準備万端セット

自身がないなら技能試験講座や講習の活用もアリ

自身がないなら技能試験講座や講習の活用もアリ

一度技能試験に落ちて挫折してしまった場合、再試験を受けることに自信をなくし、個人学習では限界を感じる方もいます。

そんな方には、技能試験の講座や講習を活用するのもアリと言えるでしょう。

出典:ユーキャン

例えば、ユーキャンの通信講座には、技能試験のみの講座があります。

会社・講座名参考価格教材一覧資料請求
ユーキャン電気工事士 通信講座技能試験コース
一括払い:39,000円(税込)
分割払い:39,800円(税込)
メインテキスト
◾️副教材
・ガイドブック
・技能試験対策DVD
・技能試験 候補問題の合格対策(完成次第お届け)
・添削関係書類
・その他
◾️材料・用具・機器
・技能試験対策用練習材料(43点)
無料:資料請求はこちら
教材一覧
ユーキャン 教材一覧

ユーキャンの技能試験講座には、副教材の他、技能試験対策用練習材料(43点)が付いているので、再度材料等を準備する手間も省けます。

また、こちらの講座は教育訓練給付制度対象講座対象外で、本科コース(学科+技能試験対策)のみ対象となります。ご利用条件に関しては、ユーキャンもしくは厚生労働省のホームページ

サポート一覧
サポート一覧
  • 技能添削あり(2回)
  • 質問ができる(1日3回まで)
  • 標準学習期間 3ヶ月
  • WEB学習対応

一人で技能試験の練習をしているとフィードバックないのが不安要素の一つです。なので、再試験も落ちたくない場合は、上記サポートが付いている講座を活用してみましょう。

わからないことがあってもサポートが付いているなら安心だね!

一人で練習すると悩みがちだから、サポート付きは講座の特権だね!

ユーキャンの資料請求(無料)・詳細はこちら

無料でもらえる

まとめ

第二種電気工事士 実技試験で落ちた傾向と対策
・欠陥ないよう作品を完成させること
実技試験で落ちた理由と要因
・練習が不足している
・時間配分をミスした
・欠陥があった
実技試験で落ちた場合の今後の対策方法
・公表問題の複線図を理解する
・ひたすら公表問題の施工練習をする
・欠陥チェックを徹底する
・【サポート付き】の技能試験セットを購入する
・自身がないなら技能試験講座や講習の活用もアリ

試験に落ちるのは嫌だけど、落ちた時の対策も必要ってことね!

そうだね!

仮に1回目失敗しても、2回目の試験は落ちないようしっかり対策しておこうね!

出典:ユーキャン

ユーキャンの資料請求(無料)・詳細はこちら

無料でもらえる