手動式?自動式?ケーブルストリッパー 技能試験の実技にはどちらが最適?

こちらはプロモーションを含みます。

手動式?自動式?ケーブルストリッパー 技能試験の実技にはどちらが最適?

実技試験で使うケーブルストリッパーって種類が多くてどれを選べばよいの?オススメがあれば知りたいなぁ…

こんなお悩みを解決します。

この記事のテーマとして
  • 技能試験用として使うオススメのストリッパーを紹介

この記事では、第二種電気工事士の試験で使うケーブルストリッパーの解説します。

  • ケーブルストリッパーを詳しく知りたい
  • 技能試験用としてオススメのケーブルストリッパーを知りたい

こんなお悩みに最適な記事です。

ケーブルストリッパーの種類

ケーブルストリッパーの種類

ケーブルストリッパーには、大まかに手動式・自動式の2種類のストリッパーがあります。

どちらが技能試験の実技に適切な工具なのか、賛否あるかと思いますが、ご自身でピッタリなストリッパーを選びましょう。

手動式を選ぶなら多機能VVFストリッパー

こちらの多機能VVFストリッパーは、ホーザン(HOZAN)のP-958というストリッパーです。こちらを参考に主な特徴を紹介します。

多機能VVFストリッパーの対応サイズ・主な特徴
記号JIS番号導体径×芯線数
VIVA (VA 線)JIS C 3342φ1.6 × 2芯
φ1.6 × 3芯
φ2.0 × 2芯
φ2.0 × 3芯
EM-EEFJIS C 3605φ1.6 × 2芯
φ1.6 × 3芯
φ2.0 × 2芯
φ2.0 × 3芯
  • 1.6mm・2.0mm×2芯/3芯対応|外装、被覆が同時に剥ける
  • ケーブル切断カッター付
  • 輪作りがかんたんに作成できる
  • スケールが付いている(20cmまで)

1.6mm・2.0mm × 2芯/3芯 対応

1.6mm・2.0mm × 2芯/3芯 対応

このストリッパーは1.6mm・2.0mmの電線を3本同時にストリップが可能です。

輪作りがかんたんに作成できる

輪作りがかんたんに作成できる

電線を摘む用として先端が細くなっており、通常ペンチで作る電線の輪作り作業を、このストリッパーのみで作成可能です。

ケーブル切断カッター付

ケーブル切断カッター付

通常電線などを切断するのは、主にペンチを使用しますが、このストリッパーにはケーブルカッターが搭載されています。

スケールが付いている(20cmまで)

スケールが付いている(20cmまで)

こちらのストリッパーはスケール(メモリ)表示が付いており、電線を1.0cm・5cm単位で測定することができます。

スケールいらずです!

メリット
  • コレ1本で電線カット・電線剥き・輪作りなど全て作業が可能
  • 技能試験で行う作業に最適
  • 210gと軽量なので疲れにくい
デメリット
  • 大量の電線剥きには不向き
  • 刃こぼれしたら使用できなくなる

このVVFストリッパーがあれば、「外装・被覆の3本同時ストリップ」「ケーブルカット」「輪作り作成」「寸法測定」ができる、1台4役以上の機能が搭載されています。

技能試験用として最適なストリッパーですね!

技能試験には機能・コスパ共に最適な一押しストリッパーだよ!

【参考動画はコチラをクリック!】ホーザン(HOZAN)のP-958

自動式で選ぶならVAストリッパー

こちらのVAストリッパーは、電気工事の現場ではよく使用されている自動式ストリッパーです。

通称「ガッチャン」とも言われています。VVFストリッパーの主な特徴は以下の通りです。

自動式VAストリッパーの対応サイズ・主な特徴
記号JIS番号導体径×芯線数
VIVA (VA 線)JIS C 3342φ1.6 × 2芯
φ1.6 × 3芯
φ2.0 × 2芯
φ2.0 × 3芯
EM-EEFJIS C 3605φ1.6 × 2芯
φ1.6 × 3芯
φ2.0 × 2芯
φ2.0 × 3芯
  • ハンドルを握るだけで誰でもかんたんに電線が剥ける
  • 1.6mm・2.0mm×2芯/3芯対応|外装、被覆が同時に剥ける
  • 刃の切り込み調整が可能

ハンドルを握るだけで誰でもかんたんに電線が剥ける

ハンドルを握るだけで誰でもかんたんに電線が剥ける

VAストリッパーは、2回握るだけで電線剥きができるので、初心者でもコツもなく簡単です。

1.6mm・2.0mm×2芯/3芯対応|外装、被覆が同時に剥ける

1.6mm・2.0mm×2芯/3芯対応|外装、被覆が同時に剥ける

自動式のストリッパーは、3芯まで同時にストリップが可能です。

刃の切り込み調整が可能

刃の切り込み調整が可能

電線の太さに応じて、刃の切り込みが5段階まで調整可能となり、様々な電線の種類硬さなど対応可能できます。

メリット
  • 大量の電線を剥くのに適している
  • ハンドルを握るだけなので電線剥くコツが必要ない
  • 替え刃交換可能なので半永久的に使える
デメリット
  • 寸法を測る際、試験では持ち替える手間が発生する
  • 刃こぼれすると切れ味が悪くなる
  • 電線の外装が詰まることも

VAストリッパーは、2回握るだけで電線剥きができるので、初心者でもコツもなく簡単です。ただしメモリが付いていないので、電線の長さを測るスケールが別途必要です。

前項の多機能なストリッパーと比べ、持ち替える手間が発生するので技能試験に使えるかどうかは賛否あるかと思います。

【参考動画はコチラをクリック!】VESSEL(ベッセル) VA線ストリッパー 玄人魂 3200VA-1

「ガッチャン」いーなー!欲しーい!

技能試験の電線剥きは楽だけど、少々値が張るからお財布と相談しようね!

ビニル電線 丸型用:マーベル(MARVEL) ケーブルストリッパー MC-012

ビニール系丸型電線 ( IVなど )用のストリッパーです。

耐久性が高く、長期間使用してもなかなか壊れないので、長期に渡って愛用できるストリッパーです。

MARVEL ケーブルストリッパー MC-012 対応サイズ・主な特徴
線種導体径×芯線数
ビニル系電線ケーブル外装(丸型)直径φ4〜8mm
IV線直径φ0.5〜5.5㎟
  • 初心者でもかんたん!回転するだけで外装が剥ける
  • サイズに応じて心線(IV)をストリップできる
  • わずか約61gと超軽量・コンパクトなので持ち運びに便利

初心者でもかんたん!回転するだけで外装が剥ける

初心者でもかんたん!回転するだけで外装が剥ける

使い方がシンプルで、初心者でもかんたんに回転するだけで外装を剥くことが可能です。

サイズに応じて心線(IV)をストリップできる

サイズに応じて心線(IV)をストリップできる

心線サイズ0.5〜5.5㎟まで挟んで引っ張るだけでストリップできます。

わずか約61gと軽量・コンパクトなので持ち運びに便利

わずか約61gと軽量・コンパクトなので持ち運びに便利

約61gと超軽量・コンパクト。持ち運びにも便利なストリッパーです。

メリット
  • 丸型ケーブルの電線剥きとしては最適
デメリット
  • 大量の電線剥きには向かない
  • 技能試験の公表問題では丸型ケーブル使用する課題は1つのみ

ケーブルの丸型を頻繁に剥くなら、最適なストリッパーです。

ですが、技能試験での使用を考慮する場合、丸型ケーブル使用の出題数は1課題のみなので、持っている工具(電工ナイフ)で対応した方が良いかもしれません。

【参考動画はコチラをクリック!】マーベル(MARVEL) ケーブルストリッパー MC-012

丸型ケーブルを剥くのはかんたんそうね!

そうだね!技能試験に使う機会があれば超便利なストリッパーだね!

まとめ

今回解説したケーブルストリッパーのまとめ

どのストリッパーを選んでよいのかしっかりと見極めないとだね!

技能試験のみで使用するだけなら、機能・コスパなど自分に合ったストリッパーを選ぼうね!